FC2ブログ

┌|∵|┘最初のページ└|∵|┐

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2010大河ドラマ竜馬伝、竜馬のピストル!!!

坂本竜馬が新しいもの好きで2丁のピストルを携帯していた話しは有名だが、
その内の1丁は高杉晋作が竜馬にプレゼントしたもの♪
それがこれ♪
「s&wモデル2アーミー 33口径」

もう1丁22口径を妻おりょうと共に持ってたそうだが、暗殺の祭に応戦したのは33口径
だけだったそうだ!!!
ちなみにこの「s&wモデル2アーミー 33口径」発火モデルガン組み立てキットはかさおか模型に
売ってるぜよ!!!
スポンサーサイト

 KART怖かった

大変なことになりそうだったMCR.308ですが・・・
IMG_0153.jpg


大 変 で し た 。

やはりKARTクオリティは健在。
いろんなところの作りがアレなんで、箱出しでは使えるレベルではないです。

例えば外装。一見超頑丈そうですが、
M14にガワを被せただけの構造なんで見た目ほどの強度はないです。
つかこのゴツいレールがネジ1本でフレームに固定されてるってどうよ。

その他の外装パーツも最小限のビスで固定されているので、自重を支えるので精一杯です。
この個体は支えきれずにステーが折れましたが。

チャンバー回りの気密も悪く、マルイノーマル程度のスプリングでは10禁+α程度のパワーしか出ません。
個体差が結構大きいようですのでたまにはマトモに飛ぶ個体もあるみたいです。

マルイM14と同等の性能までもっていくこともできますが、
分解・調整・加工・組立の繰り返しが必要です。
要は手間とパーツが沢山必要と。
つーことはおカネも沢山かかると。



なので、コイツのチューンは中止です。
ヒマとノウハウを溢れるほど持ち合わせている人にしかオススメしません。

ギアとメカボは使えるレベルなんでボスエレほどではないですが。

 KART怖いよ~

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 .308!.308! 
 ⊂彡

IMG_0153.jpg

今回のお題はメンバーからの依頼でコイツ

TROY MCR.308(KART製)
要はタクテコーなガーランドですな。


以前よりはかなり良くなったと言われてはいるが、そこは泣く子も黙るKARTクオリティ
地雷原のような気がしますが何か。

たとえばこの辺。
IMG_0158.jpg
チリが合ってるとか合ってないとかそんなレベルではないorz

IMG_0160.jpg
マウントベースを持ち上げようとすると持ち上がったり・・・


何かこれから大変なことになりそうな希ガス。

 AGM MP44を実戦投入 メカボ編

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 中華全滅! 中華全滅! 
 ⊂彡


・・・などと言ってる場合ではない。
メカボの調整を行わねばならんのだ。

AGM製MP44はモナカ構造でヘンテコリン。
ベースがハンドメイドに近いモデルだったから仕方ないが。

まず、モナカを開く。
矢印のビスを緩めると・・・
DSC08140.jpg

マグウェルだけが開く。
DSC08141.jpg

で、このグリップの下にあるビスを外すと・・・
DSC08142.jpg

ロアフレームが開く。
さらに矢印のビスを外すと反対側も外れる。
DSC08143.jpg

で、ここで行き詰まった人もきっといるはず。
DSC08144.jpg
チャンバーが邪魔になってメカボを外せない。
アウターバレルが抜ければチャンバーも一緒に外れそうだが、アウターバレルが抜けない・・・
固定しているビスは何処に?


ココでした。
DSC08145.jpg
マグウェルを固定していたビスが入っていたネジ穴の中に更にイモネジが!
気付かないと延々悩み続けるハメになります。

で、アウターバレルが抜ければ、
メカボはアッパーフレームから抜くことができます。


メカボはこんな感じ。
DSC08147.jpg
軸受けは8mmだ!

DSC08148.jpg
開くと臭いぞ!

要洗浄。


DSC08149.jpg
ギアはデーボウイでお馴染みのXYTギア。
セクターチップも付いてるぞ。
精度も良いぞ。

DSC08150.jpg
軸受けは8mm真鍮メタル。

精度が悪いので、捨てろ。

軸受けにはストックしておいたコイツを使用。
DSC08151.jpg

しかし普通に組んでしまうと、
セレクタープレートと干渉してしまうので逃げ加工が必要。
DSC08153.jpg
超面倒くせぇorz

で、各部を洗浄・調整の上組み付ける。
DSC08155.jpg

MP44はバージョンⅡながら独立したモーターマウントを備え、
メカボだけで動作確認ができるので調整が非常に楽チン。
モーター位置は矢印のイモネジを締め込むことで調整できるのだが・・・
DSC08146.jpg
固ぇw何だコリャ。
ネジ止め剤でも付けてるのか?

エイヤッと力を入れた瞬間・・・
DSC08156.jpg
折れたorz
まあいい、ベベル側で調整しよう・・・




そして何とか完成。
DSC08157.jpg


例によって完成は深夜、というか朝方なので、
組立はほぼ無意識の中で行うw

しかし寝ながらの試射は危険だ。
初速を測ろうとして指を撃ったりするぞ。
ものすごく痛いぞ。


なぜすごく痛いのを知っているのかについてはノーコメントだぞ。

 AGM MP44を実戦投入

今回のネタはメンバーナマコちゃんからのオーダー。

IMG_0068.jpg

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 AGM! AGM! 
 ⊂彡




AGM製 MP44(基本ショウエイコピー)

近代アサルトライフルの始祖とも言えるMP44。
ハーケンクロイツな方々には待望のモデルアップ・・・なのだが、

AGM消えちゃったね・・・

現在新品は入手困難な模様。
見かけたらポチッとけ。

ショウエイ製は多弾数マグが無かったのがネックだったが、AGM製は多弾数マグが用意されているのがサバゲーマーには非常に嬉しいポイントだ。
IMG_0076.jpg

装弾数も多く、フルメタル製で剛性も高いのでサバゲにはもってこい。
但し、スマートな外見とは裏腹に非常に重い(フルロードで5kg)。


バッテリーはウナギバッテリーを使用。
このピンを外して
IMG_0078.jpg

ストック内に突っ込む。
IMG_0079.jpg

結合部にガタはなく、ピンには抜け止めがあるので安心だ。


ショウエイコピーなので、セレクターも例のスライド式。
割と慣れが必要。
IMG_0070.jpg

外装の作りは全体的にキレイ。
デーボウイのAKほどワイルドな仕上がりではないので若干物足りないかも。
IMG_0071.jpg

IMG_0072.jpg

本体はモナカ構造だが、変な安っぽさはないのでご安心を。



メカボ調整編はまた後日。